今日の誕生花「オトギリソウ(セントジョーンズワート)」

Pocket

ブログの内容を探していた時に、今日は何の日?が思い浮かび検索していたら、今日の誕生花が出てきました。

今日の誕生花は「(セイヨウ)オトギリソウ」(セントジョーンズワート)。花言葉は「秘密」だそうです。

オトギリソウは「弟切草」と書き、あまり縁起が良くなさそうです。ウィキペディアを見ると、この草を用いた秘伝薬を鷹匠の弟が恋人に漏らし、それに激怒した多少の兄がその弟を切り殺し、恋人も後を追ったという悲しい伝説があるそうです。「弟切草」はそこから名付けられたのですね。

このオトギリソウ、昔から薬草として使われてきました。傷口に塗ったり煎じ液は止血剤や鎮痛剤、抗炎症薬などとして用いられていたようです。

このオイルを使ってマッサージをするとコリや筋肉痛、神経痛などにも効くため普段のボディケアだけではなく、運動後のクールダウンにも効果的です。

欧米では、悪魔が活動するとされる日にこのオトギリソウを摘めば悪魔祓いにもなると信じられていたそうです。 いかにも欧米的ですね。

このオトギリソウ、何世紀もの間、精神を安定させるために用いられているそうです。向精神薬を処方されている方は、オトギリソウの入ったハーブティーなどは控えるように注意されるようです。

現に当院に来て下さる患者さんの中にも、そのような注意を受けたという方が数人いらっしゃいました。 (この時、薬草の和名と英名を覚えていてよかったと思いました。お医者さんはオトギリソウと言い、ハーブティーのラベルには大概セントジョーンズワートと書かれています。)

昔から用いられている薬草を調べてみると、結構、興味深い伝説があったり、このように悲しい伝説があったり、薬草自体の効能だけでなく昔の人の生活も垣間見れる気がします。

今日の誕生花「オトギリソウ」いかがでしたか。興味の湧いた方は、ご自分でも調べてみてください。きっと面白い発見があるかもしれません。