猿の惑星

Pocket

久しぶりの更新です。

昨日、映画館がレディースデイだったので、映画「猿の惑星ライジング」を3Dで見てきました。

3Dは迫力があるのですね。3D初体験だったのです。

 

この映画を見て、戦争の始まりは誰かの「憎しみ」から始まって、それが周囲に広がっていく。その感情が正しいかとうか、事実が正しいかどうか、そのようなことはあまり関係なく急速に広がっていく。  怖い…

私が小学生くらいの頃、「大草原の小さな家」というアメリカのドラマがありました。好きで毎回見ていたのを覚えています。

その中で、忘れられない一節があります。

南北戦争のことだったと思うのですが、学校でその戦争について教師が教えるのですが、一人の生徒の父親とそのことでもめるのです。(詳しい内容は忘れましたが)

そこで、教師がその父親に言った一言、

「あなたは憎しみしか教えていない。私は、憎しみは憎しみしか生まない。ということを教えている」  と。

子どもながら、その言葉が強烈に焼き付いていて30数年たった今でも心に深く残っています。

今回の猿の惑星、 この映画は娘と一緒に見たのですが、終わったあと娘が言った一言

「今回は、人間から仕掛けた戦争でなくてよかった・・・」

「なんで?」(私)

「人間からだったら、悲しすぎる」  「ところで次はどうなるんだろう?また戦争?」

・・・