風邪のひきはじめ セルフメンテナンス

Pocket

11月の下旬ですが、例年より暖かい日が続いている気がします。

東北地方では初雪も観測されたようですが、例年より数日遅い観測だとか。

子どもの頃は、雪が降るとウキウキとしたものです。大人になるとウキウキ感も半減し、通勤に支障がないか、仕事は大丈夫か、などと不安や心配事が先に立ってきます。

でも、雪が舞う程度のホワイトクリスマスは いいね!

 

寒くなってくると風邪をひきやすくなります。

 

「風邪は万病のもと」

よく聞く言葉です。 風邪を侮ってはいけませんね。

免疫力が落ちていると、ちょっとした風邪でも油断できません。

風邪が原因で肺炎や気管支炎などに罹り重病になることも少なくありません。

 

そもそもなぜ風邪を引くのでしょうか?

風邪は、睡眠不足や過労などによる体力の低下、ストレスなどで ウィルスに抵抗する力が落ちてきているのが原因で引きやすくなります。いわば免疫力が落ちた状態の時に罹りやすくなります。

風邪の原因となるウィルスは200種類以上もあるそうです。

また、冬場はインフルエンザなども流行してきます。 インフルエンザも健康で抵抗力があれば、症状が出ないか出ても軽くて済んでしまうこともあります。

 

重症化させないためにも、「風邪かな?」と感じたら、セルフケアをしてみましょう。

ウィルスは鼻やのどなどの粘膜に付着しそこから、全身に影響を及ぼします。

・まずは、外から帰ったら、手洗いうがいをしましょう。(保健の時間に教わりましたね) 私は、コップ1杯の水にティーツリーの精油を1滴たらし、それでうがいをします。ティーツリーには優れた抗菌作用があります。また香りもいいですね。

 

体温が1℃上下すると、免疫力は約30%上下するとも言われてます。

・体を冷やさないように体を温めましょう。熱がなければ入浴もおすすめです。ただし、湯冷めには注意してください。首すじや肩甲骨の間を温めるのもよいでしょう。

 

・睡眠をしっかりとり、消化のよい食べ物をとるようにしましょう。

ちょっと調子が悪いけど、付き合いだからと言ってお酒や脂っぽい食べ物を食べて飲み歩いていたら、治るものも治りません。付き合いは、できるだけほどほどに。しょうがない、断れないときは、おでん(大根)や鍋など温かく消化のよい食べ物をチョイスしてみては。ビールは体を冷やします。 なるべく早くお暇しましょう。

 

セルフケア、セルフメンテナンス。

自分自身で自分の健康を管理し点検する。どこか異常があれば修復をする。

異常があったとき、自分自身で対処できるのであれば、それでもいいのですが、プロの手を借りるのも一つのセルフメンテナンスです。

手当をしてもらって初めて、自分の状態に気づくこともあるのです。

鍼灸が皆様のセルフメンテナンスのお役に立てることを願っています。

 

cropped-56ca80d33b717d5b4e1566bf97543b12_m1.jpg